あんかけが書く

かきたいことをかきます。

「あんかけ」とは

誰?

 あんかけと申します。その時々で流行のサブカルコンテンツを追いかけるオタクです。特にデジタルゲームを楽しみながらプレイしています。

かっこよく言うなら「ゲームカルチャーオブザーバー」とかです。

何してんの?

 ゲームしかしてません。

  アーケード、家庭用、問わずやってます。と言いつつ家庭用ハードはswitchとPCしかないです。PSは5が出たら買うと思います。以下、よくやってるゲーム。思いついた順です。

 

 スマブラSP 医者とかガノンとか。VIP安定くらい。

 ポッ拳DX リザードンでD帯です。ちきゅうなげがすき。

 ARMS スプリングマン。16くらいです。

 Splatoon2 短射程が好き。現環境はつらいのでプライム担ぎます。

 Street FighterⅤ ザンギエフおじさん。ターガーショットをやめろ

 GUILTY GEAR Xrd -Rev2- ファウストがすき。ただしほぼ動画勢。

 グラブルバーサス ファスティバ。書いた時点でA5。

 

 Overwatch サポタンばっかりやってます。すきなUltはコアレッセンス。

 BEMANI いろいろちまちま。ボルテが或帝滅斗だったり。ミライダガッキをやれ

 SEGA音ゲー(オンゲキ以外) レート13くらい。すきな曲はみんなのマイマイマー

 グルコス 視界に入ればやる。すきな曲はOMAKENO Stroke。

 星と翼のパラドクス アサルト&サポート。イサドラさんすき…

 Heart of Crown マジで弱い。すきなカードは冒険者

 

とか。ほかにもいろいろ齧ってます。

他になんか無い?

 Twitterに籠ったりゲーム史の本読んだり勉強したりesportsに興味があったりとあるスマ大会でなんかしてたりこのブログ書いたり某財団世界の住人だったりします。

 

Twitter(最近復活させました)

twitter.com



twitter.com

 

Youtube

www.youtube.com

 

このブログは何?

 すきなものを書いてます。

 

すきなもの すきなものについてだらだらと。

ankakeassa.hatenablog.com

ゲームについて思うこと ゲームしながら思ったことをいろいろ

ankakeassa.hatenablog.com

オフレポ 行った大会とかについてゆるく書きます。

ankakeassa.hatenablog.com

 

 面白そうなネタがあったりしたら教えてください。

 

よくわからん…

 ぼくもわからない。聞きたいことあればコメントとかTwitterで教えてください。

 

これからもよろしくお願いします。

最近の小ネタ2

 どうも、あんかけです。

 最近いろいろ書こうかと思ってましたけどちょっとまとまらないので小ネタまとめにします。

 

筋トレの話

 後輩からプロテインが安いとの情報をもらって購入。外に出られないので筋トレもし始めた。GW入るくらいから始めたので三週間目に突入したくらい。

 筋肉痛になっていないところを鍛える、くらいで頑張っている。フォームと効く箇所を意識しながらスクワットなりをする。やめるタイミングは「ぴくぴくしてきたな」という感覚まで。そもそもそこまで筋肉あるマンではないのですぐしんどくなる。

 正直筋肉ついてる感じはしないが、筋肉は一日にしてならずと言われたのでプロテインが無くなるまでは頑張りたい。

 

八百屋さんの話

 

 スーパーで買い物した後に八百屋さんで「リンゴください」と言ったらこうなった。

  1. 「いろいろおいしそうなもん買ってきたね」はコミュニケーションの一環なのか当店を利用しないことから来た煽りなのかわからん
  2. 店員のおばちゃんの方が近かったから取ってもらいつつこちらはお金用意して、とやったはいいもののあんまり見てなかったのがわるい(結局気にせず食べた)
  3. 大きめのスーパーの近くにある八百屋さんはどうやって生きるんだろう、今まで生き残れているので何かしらのおかげで大丈夫なんだろうか

 おばあちゃんのコミュニケーション術がわからない。

 

格ゲーの話

 友人間でGBVSとかGGをやるようになった。スト5をちょっとやっていたおかげで距離を取ってちょっと相手を見るのができるようになった。牽制とかその辺の概念は身についたけれどガンガン殴りに行く感じがつかめない。 でも友人に「ストとかスマとかなんかいろいろやってやってきたおかげか、動きはそれっぽい」と言われたのでやってきたそれらに意味はあったかもしれない。まずは必殺技パナしてくる友人ソルをしばきたい。

 

 スマブラに戻った時に弱弱で固めたりを考えたり打撃で有利を取りに行くようになってしまった。リハビリが必要そうだ。

 そういえば格ゲーだとオンライン遅延は6F+αなのにスマブラのオンライン遅延が6F+6F+αでモッサリし過ぎて泣いてしまった。私が見てから行動する派だったらしく、それに気が付いてからスマブラがつらい。#FixUltimateOnlineなどと言われるようにこの使用だけは何とかしてほしい。

 

コロナの話

 在宅勤務最高!おうち最高!不自由なし!!!!

 

 と思ってたけど職場のおじさまが「在宅はちょっと疲れるね」と申していたので宇宙猫になった。「在宅疲れ」なる言葉も出ている世の中は謎過ぎる。

 音楽聞きつつ溜まってきたらでかい声で歌っててもいいし物は散らかしてもいい自室なのに何が困ることがあるのか。わざわざ仕事場まで行って堅苦しい感じに過ごして集中してるのにしょうもない雑談挟まれたりする気持ちにもなってくれ…。

 おうち仕事なり「意外と便利」なところはこれからも残ってほしい。世の中もっと変えてくれ

2年経った話

 ブログを始めて2年とちょっと経ったということは、関東に来て2年になったらしい。

 

 コロナがどうのこうののご時世でも電車には人がいっぱいでいつもの毎日を過ごしているうちにふと気がついた。

 「いつもの毎日」とは書いたがそれは人生の1割くらいでしか経験していない。いつの間にか電車の中で人に囲まれながら痴漢されないよう冤罪に巻き込まれないよう過ごすのが日常になった。どう考えても自転車で田んぼだらけの中を走っていた時間のほうが長い。

 

 ぼくを取り巻く環境は変わったが、ぼくそのものは変わっただろうか。

 今聞いている音楽は4年前にテスト勉強していた時に聞いていたものと変わらない、未だにゲームで声は出る、髪は短く保っている、このブログを読み返して共感できる。

 根っこのナニカは変わっていないようだ。

 

 2年前と違うとすれば判断の回数が増えた。それも重要なレベルのものである。仕事がアレでいろいろあって考えた時に「将来的に見て役立つか」とか考えるようになってしまった。夜の白米が美味しければ良かったはずなのに。

 

 学生の頃の教科書にあったスヌーピーの『ピーナッツ』の小話を思い出した。

 安心というものは前に乗る両親が運転する車の後ろの席で寝ていること。何も考えず面倒な運転は両親が引き受けてくれる。しかし突然、前の席に行かなければならなくなる。そして二度と後ろの席で眠れない。次は誰かを安心させる立場に変わる。

 嫌な話だ。

 今のところは誰かの敷いたレールを走るトロッコに乗せられて毎日を過ごしている。とりあえず道なりに進むように操作して、いい感じに前に進む。他に乗る人もいないので事故があっても勝手に自分が死ぬだけである。

 

 今のところは関東に飽きは来ないしやることもやりたいこともやらなければいけないこともたんまりある。それを終えたら次は地元に戻ろうかしら。幸いそれが許されている。しばらくは周りの環境を見つつ、今の自分が楽しく生きていられるような環境に身を置けるように、ささやかな抵抗をしようと思う。

 

 今年度もよろしくお願いします。

箱根旅行に行きました

  どうも、あんかけです。3/20に箱根日帰り旅行してきた話です。

 

 ことの始まりは唐突に10日くらい前。

友人😎*1「箱根、行きたい」

ぼく🤓「いくいくいくいくいくいく!!!!!!」

 決まりました。

 

 3連休初日から早起きして新宿へ。オタクに朝は厳しい。小田急ロマンスカーで1時間半かからないくらいで箱根湯元駅。エヴァコラボやってるみたいですね。すみません、ぼくは履修してません。


f:id:ankakeassa:20200322094950j:image


f:id:ankakeassa:20200322095009j:image

 

 とりあえず改札を出て友人と合流。後ろから方を掴まれたのと顔を合わせるのが2年ぶりくらいなので第一声が「うわっ!!!!」。普段喋らないので声量と叫び声の判断をミス。

 

f:id:ankakeassa:20200322111341j:plain

 

 ほぼ友人プレゼンツのこのコースを旅する。ペーパー極貧不器用車無しのぼくはおとなしくナビします。

Google マップ

 

 最初の目的地は箱根神社。めちゃくちゃカーブの多い峠が怖い。

hakonejinja.or.jp

 敷地が広くて目の前の芦ノ湖からの眺めもいい感じ。この神社周辺の地域だけで観光地として成り立つくらい。

 
f:id:ankakeassa:20200322095735j:image

 

鳥居をくぐって(写真がない)参拝路。


f:id:ankakeassa:20200322100010j:image

 早朝まで雨だったので湿った土と水を吸った木の匂いが心地よかったです。道も坂が多かったりガッツリ整備されていないくらいなのが山を感じられてすき。

 

😎「山じゃん」

🤓「テンション上がってきた」

😎「山の民だから地元みたいな匂いする」

🤓「山の民だからわかる」

 

 手水舎で手を洗って長めの階段を上って

 

f:id:ankakeassa:20200322112547j:plain

 

 鳥居をくぐってご本殿前。思ったよりもデカい。お参りして今日一日の平穏を願い、お散歩。

 

f:id:ankakeassa:20200322114729j:plain
 木陰のおかげでひんやりし過ぎて雪が残ってる

 

f:id:ankakeassa:20200322114941j:plain

 

 大きめの神社での恒例行事、絵馬を書きました。書いてる時は「平穏に過ごしてえ」と思いながらこれ書いたけど、今見直すと「3連休めっちゃ遊びてえ」の意味になってる。多分月曜日から楽しくないことが起こる。

 

 そして併設の宝物殿へ寄り道。神奈川県で歴史と言えば鎌倉時代なのでその辺りの人物、曽我兄弟の展示がありました。

曾我兄弟の仇討ち - Wikipedia

 

😎「曽我兄弟とか赤穂浪士とかやっぱ日本人戦闘民族だな」

🤓「価値観違うとはいえ命が軽すぎる」

😎「政府公認の仇討ちはパワーワード

🤓「俺も役所に申請してむかつく奴ぶん殴りたい」

 

 

 ゆったり境内を出ると風は強いがいい天気。富士山を見ようと芦ノ湖周りの散歩。

f:id:ankakeassa:20200322122159j:plain

f:id:ankakeassa:20200322122307j:plain

 

🤓「ボート!ボート!」

😎「間違いなく吐く」

🤓「でもボート乗りてえ」

 

f:id:ankakeassa:20200322122541j:plain

 

😎「柵の意味ある?」

🤓「気持ちの問題」

 

 散歩していたらテンション上がる文字が目に入る。

🤓「ソーセージ!!!ベーコン!!!」

goo.gl

 

f:id:ankakeassa:20200322123255j:plain

 思わず買い物をした。写真は😎の買ったサラミソーセージ*2。ぼくのはお土産のくだりで出します。

 

 またちょっとドライブして

🤓「富士山!!!見て!!!!富士山!!!」

😎「よそ見さすな」

🤓「写真撮る!!!!」

f:id:ankakeassa:20200322123908j:plain

f:id:ankakeassa:20200322123924j:plain

 

😎「本当に写真が下手」

 

 

 2つ目の目的地に到着。

hakone-susuki.jp

f:id:ankakeassa:20200322124535j:plain

 

 草餅とか大好物なのとあんこを久しく摂取していないので

 

f:id:ankakeassa:20200322125202j:plain


🤓「時代はぜんざい」

 

f:id:ankakeassa:20200322125302j:plain

 

 😎「あんみつ」

 

🤓「団子やわらけ~~~」

😎「よもぎの香りが広がる」

 ちなみに小皿に乗っているのはピリ辛しいたけ。甘いあんこの合間にちょっと食べる。ごはんにも合いそう。

 

f:id:ankakeassa:20200322130030j:plain

 

😎「持ち帰りもあるぞ」

😎「車で食うべ」

 

 持ち帰り串団子はみたらしとあんこがあり、あんこを購入。串団子になるとちょっと焦げ目がつくくらい焼いてあるのでまた違う食感。串団子の方がすきかも。

 

出発。

 

f:id:ankakeassa:20200322130430j:plain

 

 このお店の近辺がすすきだけの草原で、このシーズンはこんな感じの車窓が左右に広がる。例年は3月中旬に野焼きをするそうな。

 

 しばらく雑談しながらドライブ。

 

🤓「強羅とかめっちゃつよそう」

😎「泊まれたらこの辺になる可能性もあったで」

🤓「次回ある??」

😎「そりゃある」

😎「新車で新関東住みマン連れて行くか」

 

 

 

 そしてスタート地点の駅前温泉街に戻る。

 

🤓「この坂登れる?」

😎「人生で初めてこんなにアクセル踏んだわ」

🤓「あ!!!アスレチック!!!」

😎「話を聞け」

 

 到着地点はお蕎麦屋さん。箱根といえばそばのイメージがあったので二人で良さそうなところを探してました。

goo.gl

 

 お店の入り口までの道がこんな感じ。


f:id:ankakeassa:20200323183444j:image

 

 令和の飲食店への道ではない。


f:id:ankakeassa:20200323183602j:image

 

 ここで山の幸が食べたかったのでとろろそばにしました。


f:id:ankakeassa:20200323183652j:image

 

😎「久々にこんなツルツルいけるそば食うな」

🤓「しっかり噛んでもコシがある」

😎「そば湯もごくごくいける」

🤓「ごくごく飲むものではなくないか?」

 

 とろろが多いのとそば湯が好きポイント。食後のコーヒーもおいしく頂きました。

 

 そして近くに温泉。山の上のロケーションが良い。

www.hakoneyuryo.jp


f:id:ankakeassa:20200323184332j:image

 

 やっぱり広い露天風呂は最高プリねぇ〜〜〜〜〜。見晴の湯、と名の付く崖近くの風呂が街沿いの川まで見られたので満足。

 

🤓「1時間ちょいくらいおろかな」

😎「了解」

〜〜〜1時間くらい経過〜〜〜

🤓「もう出るけど」

😎「マジ?これから水飲んでまだ1時間くらいおるわ」

🤓「拷問か?先出て休憩所おるわ」

😎「了解」

 

 出たはいいものの、休憩所にずっといるのもアレなので来る途中に見たお店で。f:id:ankakeassa:20200323185005j:image

f:id:ankakeassa:20200323185044j:image

 ビール。2杯。風呂上がりビール、うまい。結構酔った。

 

😎「出たけど」

🤓「どこ?」

😎「休憩所」

 

f:id:ankakeassa:20200325123316j:plain

 

 めっちゃ楽しそうにしてる。ここの休憩室はカプセルホテルのように細長い空間を用意している。こういう狭い空間が一番落ち着く。

 しばらく時間があったので適当に寝た。

 

😎「そろそろ行くで」

🤓「どれくらい寝た?」

😎「1時間」

🤓「マジ?旅先で昼から酒飲んで寝るとかめちゃくちゃ贅沢な時間の使い方してるやん」

😎「ええやろ?」

🤓「ええ」

 

 山を下って車を止めて次の目的地に。

🤓「下呂を感じる」

😎「岐阜県民かよ」f:id:ankakeassa:20200323185907j:image

 

 

 次はからあげを食べに来た。観光情報を見ている時に見た目のインパクトで来たくなってしまった。

coco-hakone.o.oo7.jp

 名物箱根溶岩(奥)と箱根噴火(手前)を注文。
f:id:ankakeassa:20200323190010j:image

写真の奥にブラックホールがあるが、あれが名物溶岩からあげ。

f:id:ankakeassa:20200323190101j:image

近くで見ても真っ黒。

 

🤓「普通の色のほうがやばいの罠すぎる」

🤓「これ後からくるやつやしぬ」

😎「黒いのは醤油ベースか?」

😎「タレがしみてるのにカラッとしててすき」

 

🤓「ビールうま」

f:id:ankakeassa:20200323190404j:image

😎「酒カスが過ぎる」

😎「ついだるがな」f:id:ankakeassa:20200323190456j:image

🤓「ビール進む〜」

 

 さくらビールは口に含んだ瞬間に「桜」を感じた。四季でちょっとずつ違ってそうなので夏秋冬版もありそう。近くの酒屋さんで探しても無かったのでまた飲みに行きたい。

 

 そして夕暮れ。
f:id:ankakeassa:20200323190901j:image

 

ここで変わった建物を見つける

 

house-vader.com*3

 

😎「ダースベイダーおるやん」

🤓「『しゃてき』書いてますけど」

😎「行くか」

🤓「行くしか」

 

 気の良さそうな店主さんがいた。

f:id:ankakeassa:20200323191117j:image

f:id:ankakeassa:20200323191050j:image

 

🤓「うおお射的やん」

🤓「うおおおおおおテーブル筐体」

🤓「うおおおおおおおおおテンション上がってきた」

😎「オタクやんけ」

 

店主さん「いろいろ入ってる筐体やから遊んでくださいな」

🤓「うおおおインベーダーゲームパックマンに1942と時代を感じる」

😎「オタクやんけ」

店主さん「お兄さんやってみ」

😎「俺パックマンやるわ」

🤓「じゃあ俺射的で」

 

 当てた景品をもらえるらしいが、景品以外にも10発中8発を小さいボウリングのピンに当てると特殊景品らしい。10/10は過去に1人しかいないとか。

 アルコールのせいか手が震え、後ろからの「食われたんだけどー!!!」が集中を乱す中、8/10でピンを倒して特殊景品を獲得。

 

店主さん「兄ちゃんうまいね、慣れてる?」

🤓「や、わからんです…」

 

振り返るとまだインベーダーやってた。

😎「3面まで来た」

🤓「ようやるわ」

😎「しぬ」

🤓「はええわ」

 

🤓「ちょっとインベーダーやる」

😎「オタク見せていけ」

 

🤓「すまん、4クレ使って1面も行けねえ」

😎「アル中のゴミ」

 

そして最後の目的地。

goo.gl


f:id:ankakeassa:20200324184258j:image

ここの名物が

f:id:ankakeassa:20200324184335j:image

湯葉丼。

 響きと湯葉なる上品な食べ物に男二人は釣られた。一人で暮らすおじさんは普段、湯葉をそんなに食べない。

 

 時間帯も夕方なおかげで少し待った。

 

😎「そういや射的の景品何もらったの」

🤓「これ」

f:id:ankakeassa:20200324184725j:image

😎「は?」

🤓「これ光るんやで」

😎「は?」

🤓「ゲーミングサングラス」

😎「???」

 

 案内されてから早速注文。

f:id:ankakeassa:20200324184929j:image

 日本酒とげんこつ揚げと板わさ。板わさが辛めの日本酒と合う。

 

メイン。湯葉丼を湯葉刺しセットを頼みましたが写真を忘れました。食べかけの写真載せるのもアレなので各自で探してください。

 

😎「やっぱり出汁がいいよな」

🤓「ご飯に乗せる用のチューニングしてそう」

🤓「この豆腐推せる」

😎「うわ〜〜〜湯馬刺しで日本酒飲みてぇ〜〜〜」

🤓「飲むが………」

😎「本当にムカつく」

 

ご馳走様でした。

 

 

 というわけでもう夜。f:id:ankakeassa:20200324185811j:image

帰りには

2人でお煎餅食べたり(掴まれてるやつの左を食べた)

f:id:ankakeassa:20200324185837j:image

海の珍味屋さんで干物とか瓶詰め買ったり

お土産の梅干しとか饅頭買いました。

f:id:ankakeassa:20200324190015j:image

 

めっちゃ食べた………。

 

 そして今晩は地酒&地ビール芦ノ湖近くで買ったベーコン&生ハムで優勝します。

 生ハム厚すぎました、ちょっと次気を付けます
f:id:ankakeassa:20200325201340j:image

 

 ありがとう箱根。フォーエバー箱根。また今度泊まりで行ってボート漕ぎたいです。

*1:小烏

*2:エーデルワイスのAAみたいになった

*3:サイト説明文から圧を感じる

ゲームについて思うこと 15 『ゲーム音楽』

 若干ネタ切れの当ブログ。友人から題材を募集したところ、「みんなで決めるゲーム音楽」を毎年楽しみにしている友人から「ゲーム音楽」を題になんか書いてみてはどうだろうかと提案があった。

 というわけで、遊んだことのあるゲームから10曲選んでみる。音楽の選評などはいまいち苦手なので、いつものように自分語りを交えるために「頭と思い出に残っている曲」をテーマにする。先にリストアップしてからこの文章を書いているが、なんとも言えないラインナップである。

 肝心の音楽はその辺にアップロードされているもののリンクを貼るのは良くないかと思ったので、配信されていたり、良さそうなものはリンクを貼ることにする。

 シチュエーション説明のためにちょっとネタバレします。核心がわかりにくいようにはします。

 

 

 

 

1. カードヒーローDS

マスターX戦


 ストーリー中最後のメインバトル、マスターX戦で流れる。「ストーリー最終編、要素全開放で戦うラストボス」と熱いバトルで流れるBGM。戦闘が始まった瞬間、GBからプレイしてきた人は「あ!」と感激すること間違い無し。なんと前作GB版のOPアレンジ。前作OPもすきなのだが、こちらは流れる瞬間のインパクトが大きいため、DS版の曲としてあげる。

 「前作、起動して最初に流れるOP」が「新作のラストバトルBGM」。めちゃくちゃ良くないですか?ありがちなシチュエーションではあるかもしれないけれどやっぱりすき。しかも前作でも同名の「マスターX」が登場するが、そいつとほぼ同じデッキ。「前作X、お前のために帰ってきたぜ…!!!」ってなる。しかもDS版Xの特徴が「喋らない」「無口なキャラ」「昔、偉大な功績を残した」とか前作主人公っぽくもある。全身タイツで施設に幽閉されているのだけど…。

 多分すきなもの第1回にも書いたと思うが、歌詞がある。作中アニメ「カードヒーロー」のOPなので。明らかに人間には歌えない箇所があるがミクさんはなんとかしてくれる。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm1154834

 


2. ポケットモンスター ルビー/サファイア/エメラルド

戦闘!超古代ポケモン


 そもそもポケモンのBGMの音が毎回特徴がある。音楽理論とかはさっぱりわからないので雰囲気で言うとBWは「透明感」、SMは「どの音も目立つがまとまっている、エスニック」、剣盾なら「近未来感」。なんと言えば良いかわからないが、1フレーズ、メインの音が聞けられればシリーズ(世代)がわかる。その中で特に「わかりやすく力強い音」がRSEシリーズである。3DSORASは音が綺麗になったが、若干圧が足りない感じがあるため、GB版を採用。

 このシリーズでのお気に入りがこの曲。やべーポケモンが出てきて世界環境がやばいのでそれを鎮めるべく主人公が対峙する。

 序盤の「ポッポポッポ- ポッポポッポ-」の迫りくる感じ。すきポイント。そしてずっと裏で鳴ってる太鼓。めちゃくちゃ雰囲気出してくれる。世界の命運がかかったこの戦い、相手は伝説の古代ポケモン、そこでこのBGM。この音源と非常に合う曲だと思う。RSEがGBAで出て良かったと思える。

 ちなみにその頃のぼくはGBASPを握りながら必死でハイパーボールを投げてA連打していた。アホである。

 


3. 実況パワフルプロ野球9/実況パワフルプロ野球switch

メニュー画面

 

 9は実家に置いてあった。2002年版である。親父が無限にペナントを回していた。今でも回している。暇すぎる時に作ったオールA野手と強化版猪狩みたいな投手が度々他球団にスカウトされてペナントを荒らすらしい。設定を変えろ。それを見て育ったおかげで未だに野球の知識は18年前のままである。

 そして9のリメイクに近い立ち位置として発売されたのがswitch版パワプロ。親父にならって中日でペナントをちまちま進める。中日の点数力が低すぎる。助けてビシエド

 パワプロのこのメニュー画面をうん年聞きながら育ったおかげで他の年版のパワプロメニューBGMを聞くと違和感しかない。このBGM、あのメニュー画面を見ないとパワプロが始まった気がしなくなってしまった。爽やかで軽いBGMが何より良い。すっと耳を抜け、頭を使わせないくせにワクワクさせてくれるのはメニューにふさわしい。ありがとうパワプロ9。フォーエバパワプロswitch。

 パワプロといえば、OPも充実している。KONAMIなのでもちろんハズレはそうない。一押しはぼくが二番目に長く聞いていると思う2011年。ウーゴーキーハジーメーター

 


4. 地球防衛軍4(4.1)

軍歌

 

 BGMでも曲でもない。だが「歌」である。よってゲーム音楽とする。

 敵を一波防ぎ、次の波までの間やミッション終了後にちょっと歌うことがある。EDF2で孤軍奮闘してから、4で仲間がいることに驚いた。そして不意に歌い出す。

「あーおいちっきゅうをまんっもるっためーーーー!!!!!」
「「「「「いーでぃーえっふの しゅっつどっおだぁ!!!!」」」」」

 いかにもなおっさん声の集まりであるのがいい。一応ストーリーが進んで女性部隊が出るとわちゃわちゃ感が増す。

 続編のEDF5でも軍歌は歌われるが、耳に残るのと聞いていられる余裕の差で4を選ぶ。

 歌詞もなぁ…つらくてな…。EDFシリーズ自体、人が死にがちで、ちょっと無線がついたと思ったら「もうダメだああああああああああああ」とか「さんだあああああああああああああああああああ」とか叫びながら死ぬ。そんな状況と同じように隊員達の歌も…。とはいえ、最終局面はちょっとずつみんなの力で戦う感じが良い。

 ぜひ、プレイしながら聞いてみてほしい。難易度はHARD以上がおすすめ。

 

5. 勇者のくせになまいきだ:3D

来たるべきセカイ

Amazon Music

 今までのゲームの中でも特にすきなED。そんなレベリングすんなやという強さの勇者をぶっ飛ばし、世界を闇に染める感動のバットエンド。EDアニメとオーケストラの中、ソロで響くリコーダー(リコーダー?)の出す雰囲気が最高。

 このアニメ、ドット絵でアニメーションを作っているのだからすごい。ドット絵なのにムスメの表情とか水辺のローレライとかいきいきしている。むしろドット絵だからこそこの雰囲気が出ていると思う。

 勇者のくせになまいきだシリーズは前にVRのムスメがかわいいと話題になったが、以降はそんなに話に出てこない。VRでゲームが変わってしまったのも手を出しにくい要因。

 パロディマシマシネタマシマシのゲームかと思えばかなりゲームそのものも面白い。未だにデーもんとか召喚できるだろうか。PS4で過去作をリメイクなりで出してほしいシリーズでもある。

 EDアニメと合わせてすきな曲。

 

6. Sound Voltex Ⅳ HEAVENLY HAVEN

エントリー画面

 

 「音楽ゲーム」の「ゲーム内BGM」というよくわからないくくり。

 前作 Ⅲ GRAVITY WARSで2年弱のストーリーが続き、大団円で完了。そこそこ多いキャラとキャラに合わせた楽曲でなおかつアツい物語、そしてその#Endrollで爆発したことはあんかけの青春の1ページとなった。

 その次Verで稼働したのがSDVX Ⅳ。前作からの続きで仲良くなったレイシスとグレイスがメインにいたのが嬉しかった。出迎えたのは前作とは正反対、真っ白なセーラー服風衣装のレイシス。ああ、新作。それと同時に今作ボーカル付きメインテーマ「HEAVENLY SMILE」をプレイしたところまで覚えている。Ⅲの「INDEPENDENT SKY」も何度もプレイしたが、やはりバージョンの切り替わり、一番SDVXに熱中していた頃の思い出がリンクしていることでⅣテーマがすきになった。

 ゲーセンに行くたびに聞いていた「ヘブンリースカー」のアレと曲選択画面までの操作が忘れられないので決定。今作もちまちまやっています。

 


7. ゼノブレイド

機の律動

 

 ゲームも中盤、主人公の目的はもう少しか?というエリアでの通常戦闘BGM。ゼノブレイドの「名を冠する者たち」「ガウル平原」に並ぶ(当社調べ)人気曲でもある。

 そのエリアで戦闘に入ると今までのBGMからうって変わって急に重いギターの入ったものになる。くっそカッコいい。序盤の敵の行動を見ながら落ち着いたメロディからサビ?での「テレレレーテレレー」の開放感が気持ちいい。この辺りでモナドバスターをキメて勝利する。

 「名を冠する者たち」よりすきな理由は序盤からクライマックスなところだろうか。「名を」は初手でデレデデーレデレの圧をかけてくるが、「機の」はドラムと共に「こいつを絶対に倒す」と気分を高めてくれる。主人公シュルクの気持ちを表しているのだろうか。

 

 ゼノブレイドRPGとしてめちゃくちゃすき。最初の町でとりあえずうろつくかと飛び跳ねて遊んでいたら橋から落下、どこにリスポーンするのかと思ったらそのまま続行、湖を泳いでいたら頭のおかしい強さのシャケにしばかれて死ぬ、そしてここまで3分かからない。このスピード感。スマブラシュルクを知ったあなたもそのうちに出るリマスター版をプレイしてほしい。早く買え。

 


8. モンスターハンタークロス/ダブルクロス

灼熱の刃 〜ディノバルド

Amazon Music


 デレン デレン デーン
 モンハンXで苦手だった対ディノバルドのBGM。これも一度聞いたら忘れられない。クロスの四天王の中でも特に苦手だったんじゃなかろうか。ガムートはおやつだしライゼクスは空気だしタマミツネは泡で遊べるし。

 初見のビジュアルの「え、そんな殺意高い尻尾ある???」感がすごかった。モーションはやはり尻尾叩きつけ攻撃がかっこいい。あの勢いと雄々しさがお気に入り。他の四天王、特にタマミツネBGMも和風でタマミツネに合っているのだが、何よりカッコよさがディノバルドと違うのでこちらを選択。ただし二つ名ディノバルドはクソ。もうやりません。

 ちなみにモンハンで一番すきなモンスターはナルガクルガ。専用BGMの「闇に走る赤い残光」とか装備が忍者仕様とか太刀が日本刀とかだいすきです。なんならナルガクルガに養われたい。

 

 

 


9.スペースインベーダーエクストリームZ

Invader GIRL!

 

 いんべーだー!いんべーだー!れっつごー!

 DSiウェアのゲーム。従来のスペースインベーダーに任意でルート分岐させられる要素を追加した、と説明すれば良いだろうか。下画面でメインのシューティング、上画面で派生先一覧を表示する。

 多分小学生くらいの頃、祖父の家の「ゲームセンターあらし」を読んでインベーダーゲームがやりたくなっていた時期だったと思う。シューティングは苦手だがインベーダーゲームなので周回はサクサクしていた。バカなのでお気に入りはレーザー。慣れた頃に高難易度に突撃するとなんか雰囲気が違った。かわいい。ゲーム中のSEがBGM中に混じるサンプリングボイスのようになったのもすきなところ。

 そして数年後、Groove Coasterで再び出会う。これがまた音ゲーになるとリズムがとりにくい。原作の声ネタだとかリズムはそのままな割に、レバー入力とボタン入力パートがかなり入れ替わる。タイミングがつかめるのに頭と手が動かない。多分地力不足。あとはグルコス特有の画面演出でよくある薄暗いゲーセンだと明滅で目が痛い。

 「ゲームBGM」が「音楽ゲーム」に入ったもの。

 

10. ナナシ ノ ゲエム(目)

ナナシ ノ テエマ

 

 インパクトとアレンジ含めてもめちゃくちゃ頭に残る。

 DSソフト「ナナシ ノ ゲエム」シリーズ内に登場する架空のゲームのBGM。シリーズで無印と続編の「目」があり、この曲はどちらにも登場する。このゲームは全体的に「気味の悪さ」の演出が良い。現実世界とゲーム世界で交互にあれこれを解決していくシステムも面白い。DSの特色を活かしてうまいこと作ったホラーゲームだと思う。

 ループがそこまで長くなく、メロディはほぼ同じの構せいになっている。BGMとしては物足りないような書き方だが、このゲームではそれが良いところ。短いループを何度も聞き、長い時間やっているかのような気がしてくる、ということは残された時間も近づいて…という具合。「作った人そこまで考えてないよ」と言われればそこまで。

 この曲はアレンジ(?)されて何度か出てくるが、ちょっとずつおかしさが表れるのも良い。少しずつ違和感が出てくる不気味さは個人的な好物。だからこそアレとかアレはすき。

 ちなみにゲーム中に登場する架空のゲームは実際にアクションゲームにアレンジされて販売された。

ノロイ ノ ゲエム 血 | SQUARE ENIX

ノロイ ノ ゲエム 獄 | SQUARE ENIX

 これがまたクソ難しい。何をどうしたらあのゲームがこうなるんだよと思うくらいには難しかった。未だにミスした時のSE「グシャア」は忘れられない。今はもう配信されていないらしい。悲しい。

 

 

 以上、10曲。残りはおまけ。

 

 

 「ゲーム音楽」は「ゲームの本編に付随してゲームそのものの面白さをさらに高めるもの」だと思う。ゲーム中にそういった演出があるからこそ架空の他人の物語に対して同じ感情を抱けるのではないのだろうか。そして、思い出を引き出すキーとなる。もしくは思い出そのものになる。

 何かで見聞きした文言だが、「音楽ゲーム」の音楽はまた少し毛色が違って「ゲーム本編」に近い扱いである。「ラスボス戦BGM」と「ボス曲*1」は違う。思い出の中の音ゲー曲とかは無限にあるけれど、「ゲーム音楽」としての立ち位置は違う気がしたのであまり書いていない。

 たぶんやったゲームの分だけ思い出とか感情とか浮き上がるなんかとかが出てくるんだろう。今もペルソナ5ロイヤルを進めて音楽、デザインの良さにキャッキャしている。これからもそうありたい。

*1:イベントやバージョンの最終盤で解禁される高難易度譜面を持つ曲

イオナズン

面接官「特技はイオナズンとありますが?」
学生 「はい。イオナズンです。」
面接官「イオナズンとは何のことですか?」
学生 「魔法です。」
面接官「え、魔法?」
学生 「はい。魔法です。敵全員に大ダメージを与えます。」
面接官「・・・で、そのイオナズンは当社において働くうえで何のメリットがあるとお考えですか?」
学生 「はい。敵が襲って来ても守れます。」
面接官「いや、当社には襲ってくるような輩はいません。それに人に危害を加えるのは犯罪ですよね。」
学生 「でも、警察にも勝てますよ。」
面接官「いや、勝つとかそういう問題じゃなくてですね・・・」
学生 「敵全員に100以上与えるんですよ。」
面接官「ふざけないでください。それに100って何ですか。だいたい・・・」
学生 「100ヒットポイントです。HPとも書きます。ヒットポイントというのは・・・」
面接官「聞いてません。帰って下さい。」
学生 「あれあれ?怒らせていいんですか?使いますよ。イオナズン。」
面接官「いいですよ。使って下さい。イオナズンとやらを。それで満足したら帰って下さい。」
学生 「運がよかったな。今日はMPが足りないみたいだ。」
面接官「帰れよ。」

 皆さんご存知イオナズンコピペ。イオナズンは敵全体攻撃なので満員電車の中とか都会の人ごみでイオナズンを唱えると自分へ敵意を持つ奴が爆発し、俺にとって住みやすい世の中になっていくのではないかと思う。ベギラゴンではせいぜい「3両目優先席」くらいのグループ攻撃になってしまうため、イオ系とギラ系の格の違いが出る。
 ドラクエなりRPGでは呪文で「○○系」という括りがあり、イオ系ならば「イオ→イオラ→イオナズン*1で強いものとなる。ドラクエでは大抵、職業による特技習得を除けばレベルアップで呪文を覚えるが、無から急に呪文が身に付くというのもよくわからない話である。毎日走り込みをしていたら盗塁の技術を得るのだろうか。
 電車で暇すぎるため、思いついた「呪文を覚えるメカニズム」を羅列する。

 

1.急に頭に湧き上がる

魔法使い「やべえなんか出そう」
魔法使い「い、いおなずん」(チュドーン)
メンバー「「「今の何!?!?!?」」」
魔法使い「イオナズン?ってのできた」

 急に出る。不意に思い出した曲が一日のテーマソングになるような唐突さとインパクトで頭の中を駆け回り、ふと思いついて魔力と共に詠唱すると出る。
 構造がよくわからないが何が起きるかはわかっているブラックボックスを戦闘に使っているということである。学者もあの世界にはいるのだから、それなりに研究して強い呪文を探せば魔族と戦う人間側も有利に戦えるのではないだろうか。思い返せばドラクエの世界の兵士はみな槍と剣を持った脳筋である。回復も薬草でしているに違いない。
 仮に、研究して「イオナズン」なる単語が判明しても発音の関係で使えないのかもしれない。上級魔法使い達は「シークヮーサー」の「ヮ」のように、発音法が不明なまま発生できてしまう。当人達も伝えようがないため、修練を積んで「イオナズン」を知ったところで伝えられぬまま死んでしまう経験をする。悲しみの連鎖。

 

2.事前知識が実践できるようになる

魔法使い「さっきのイオラ、もうちょっと終わり側に魔力込めたらイオナズンできそうだな…」
魔法使い「イオナズン!!!!!!!!!」(チュドーン)
メンバー「「「今の何!?!?!?」」」
魔法使い「イオナズン出た!!!!!!!もっかい見て!!!!!!!!!!」

 何度か鍛錬してコツを掴んでようやく出る。自転車の乗り方を覚えたように、あとはいつもの感覚で詠唱すれば、いくらでもイオナズンが出る。
 こちらは、1案より継承しやすい。ベテランのイオナズン使いが若きイオラ使いにイオナズンのコツを伝える。一部の天才は生まれた時からイオナズンの天才かもしれない。
 いつ覚えるかわからないよりは努力でイオナズン習得までの期間を縮められる分、パーティの魔法使いはストレスがかかりそうである。「早くイオナズン使え」「まだイオラかよスタメン外すぞ」「ベギラゴンとか流行りじゃないよな」。聞こえてくるメンバーの呪詛を乗り越え、やっとできたイオナズン。さぞ嬉しいことだろう。きっと次の街に行く頃には「メラゾーマまだ?」と言い出す。
 逆に「イオナズン音痴」なる概念も出そうである。運動音痴、方向音痴に並び、「イオナズンの感覚がわからない人」を指す。全体攻撃で便利だからと皆が習得していくのにいつまで経ってもイオナズンがわからない。同期の魔法使いはイオナズンで頑張ってんのに俺だけベギラマ。魔法使い向いてねえのかな…。
 魔法使いがかわいそうな世界である。

 

3.爆発力の大きさで呼称が決まる。


魔法使い「イオラ!!!」(チュドーン)
勇者「それイオナズンレベルにデカくね?」
賢者「一理ある」
魔法使い「今度イオナズン試験受けてみるわ」

 「イオ系」という概念で「イオ」をキーワードに爆発魔法を使う魔法使い。イオで起きる爆発で10mのクレーターを作られれば「イオラ」と唱えることを許可され、イオラで起きた爆発が規定の魔物を爆破できるようになると「イオナズン」の資格が与えられる。「公益財団法人 爆発呪文検定協会」みたいな公的団体が毎年数回、試験をしている。魔道大学校では「イオナズン資格を持つ者には単位認定」なる決まりがあり、毎年何人かがそれで単位を取得する。その中には最年少の魔法使いもいてうんぬん。
 攻撃呪文はこれで基準を決められるのではないだろうか。デイン系*2ドルマ系は測定が難しそうだ。ザキ系の検定会場は地獄になっていそう。
 補助魔法試験会場は感覚の問題である。スカラ会場は規定の硬度を越えれば合格、フバーハは自分にかけて耐久実験とかさせるのだろうか。ちょっと現実的ではない*3
 ここで「今のはメラゾーマではない…」のくだりを思い出す。設定がまちまちな以上、何がどうなっても知らないが、きっとある魔術の天才がメラミ検定会場で大炎上を起こす事故も過去にはあったのだろう。

 

 

 

電車が目的地についた。

 

 

 

 毎回、「ドラクエの呪文が一つだけ使えるようになるなら何にする」トークで「ルーラ」を挙げているが、早いところ習得したい。今のところマホトーンしか使えない*4。早く便利な呪文を覚えたい。

*1:https://wikiwiki.jp/dqdic3rd/【イオ系】 シリーズによってはいろいろあるが

*2:「デイン系」を変換したら「で陰茎」になった、日頃の行いが悪い

*3:この談義がそもそも現実的ではない

*4:唱えた相手が呪文を使えなくなっているため