あんかけが書く

すきなものをかきます。

ガールズバーに行ってきた

 ぼくは人生において女性と関わったことはそうない。中学の頃は「ド」が付くほどの陰キャであったし、それ以降はそもそも女性という女性がいなかった。結局、そのまま成長したぼくはクソ童貞となった。

 正月には祖父母から「あんかけ君の嫁さんの顔が見たい」と言われ、それに対して「ぼくには無理だし当分結婚する気もないから妹の彼氏で満足してくれ」と返すくだりを何度かさせられる始末である。

 

 ぼくは「女性」というイキモノを知らないままに生きてしまったのだ。

 

 その人生に新たな概念を植え付けるべく、嫌々ながらもガールズバーなる摩訶不思議な空間へぼくと同じように、女性へ耐性のない友人(『しゃつ君』と呼ぶ)と共に行ってきた。

 

発端

 普段のぼくなら絶対に行かない場所である。何が楽しくて見ず知らずの女性と会話しながら酒を飲まねばならないのだ。原因を思い出す。

 ぼくも一緒にいた飲み会にて、しゃつ君はこう言われた。「しゃつ君は女性に好かれる要素無さそうだよね」。聞いていたぼくらからすれば笑いの種であったが、どうやら本人はそこそこ気にしていたらしい。

 ここでしゃつ君の話をしてみる。彼はともに田舎から大都会東京へ飛び出してきた友人だ。彼は黙っていれば頭もいいし大抵のことができる。しかし、口を開けばアニメや意味の分からないテーマについて話し始める、何か足りていないようなオタクである。

 話の流れで「女性と会話することができるか」という話になる。しかし、お互いに女友達はおらず、この議題の検証は不可能であった。そこで提案されたのがガールズバーである。この時の前情報は「女性とともに酒を飲む」程度しかないが、とりあえず行ってみようの精神で行くこととなってしまった。

 

作戦

 決戦当日。腹が減っては戦ができぬと飯を食いながらどこに行くかサイトを巡る。

 

 ○○ ガールズバー おすすめ|検索

 

 画面に映し出されるのはエロサイトの広告にありそうな怪しいサイトばかりである。思ったものと何かが違う。元はといえばぼくらは会話をしたいのであってえっちなネーチャンとあれこれしたいわけではない。もっと奇麗な空間が欲しいのだ。「奇麗」が何を指すのかはわからないが、何かが違った。

 探し求めた結果、サイトの雰囲気が他よりも緩かった新宿のガールズバーへ突入することとなった。

 

闇の中へ

 店の前についてもぼくは入り口でうだうだと嫌だ嫌だとごねていた。何がそんなにしゃつ君を駆り立てるのかはわからないが、彼は勇敢にも店へと入っていった。そんな彼を尻目に、おずおずと足を進めた。

 店の中はサイトの通り、ギラギラした照明もなく、ぼくが耐えうる範囲の「奇麗さ」があった。すぐさまカウンター席に案内され、酒を注文する。飲まずにはここで生きていけない。本能的にそう感じていた。ドリンクと共に店員の女の子は「もうすぐ女の子来ますからね~」と慣れた風に言う。来なくていいのだが。本心はそう告げていた。

 

 その後の記憶は非常に薄い。何しろ酒を飲みつつ、見つかるはずもない話題を必死で探し、声を発することで精一杯だったのだから。化粧は濃かったがそこそこかわいい(多分)女の子と話すのがこんなに苦しいとは思わなかった。

 しゃべった内容などは他愛もない。

 

僕「ぼくたちガールズバー初めてなんすよ」

女「え?風俗とかもないんですか???」

僕「そりゃそうですけど」

👕「ぼくらオタクみたいなもん(そのもの)なんで」

女「なんか珍しいですね~」

世の中の男性はどうやって生きているのだろうか。これを楽しみに来られる人種があるというのだろうか。

 

女「出身地どこですか???」

👕「岐阜やね」

女「岐阜って琵琶湖とかある?」

僕「それ隣やんwww」

👕「名古屋の北のやつ」

岐阜県民として若干の悲しみを覚えた。それ以前に、よくよく考えてみれば話題がない時の定番の話のネタである。これをテーマで楽しく話すには桃鉄をやりこむくらいの知識がなければ苦しいというのに、人はなぜこの話題をしてしまうのだろうか。

 

 あとは大した話もない。仕事上作業をするうえで一緒になった他の会社の方とする雑談並みの話しにくさだった。ぼくもしゃつ君も口が止まらないように頑張ってはいたものの、ぼくは合間合間にある沈黙が耐えられずに酒を口にただ運んだ。

 

 こんなぼくらの相手をしていた女の子はぼくらより年下、女子高生であった。新たに知ってしまった世界に驚きながら時間を迎え、退店となった。

 

 反省会もかねてミスドへ寄り道をし、苦い体験の口直しに、と二人でドーナツをほおばりながらこの不可思議な体験について二人で語り合ったのだった。


感想

 最初からわかりきってはいたことだが、ここまで自分が普通の会話のできない人間だと改めて実感させられた。相手がベテランではないということもあったのかもしれないが、やはり自分ではどうすることもできなかった。

 そもそも「会話」には何かしらのテーマや共通点が必要である。うまくそれらを見付け出せないぼくらにとっては、段階を飛ばして風俗に行ったほうがいいのかもしれない。面倒なことに頭を回す必要がないのだから。

 この場を借りてしゃつに提案してみよう。次は風俗で一発やりにいこうや。

 

謝辞

 最後に、今回ぼくを先導してくれたしゃつ君に礼を言いたい。別に彼一人で行ってこればよかったのだが、彼のおかげでするはずのない体験ができたのだから。

 彼もこの件についてブログを書いているため、合わせてこちらも読んでほしい。

pf39.hatenablog.com

 

 

 

久しぶりの記事がこんな内容で申し訳ないが、またなにか書くと思う。

その時はよろしくお願いします。

46つめのすきなもの『スマブラfor』

 「新作のスマブラが出るってよ」

 テレビのCMなどあまり目にしないぼくは風の噂かTwitterでそれを知った。

 

 ぼくのはじめてのスマブラは、近所の家の友人が持っていたDXであった。4人くらいで集まって、薄暗い中ブラウン管テレビで乱闘をしていた。ステージは神殿、アイテムは全てあり、使ったキャラはサムスだった。神殿の左上端に居座ってチャージショットを撃つbotであった。そんな置物でも友人とワチャワチャとゲームするのは楽しかった。

 Xはそれからもう少し後。また別の友人の家にリモコンとヌンチャクを持って通い、馬鹿騒ぎをした。アイクとガノンドロフを使ってふっとばした爽快感が気に入っていた。友人はシークとリュカが上手くて、他の友人と談合して潰しに行くのが恒例であった。それをうまくかいくぐる友人もすごいものだったが、これもまたワイワイと楽しかった。

 

 そんなスマブラ3DSでできるらしい。もちろん買おうと思った。楽しいゲームには目がないのだ。

 

 学校内の友人と比べ少し遅れての購入になった。遊んでいる奴はいつもいたオタクにゲームに見向きもしなさそうな運動系の奴だった。思えばスマブラで初めて喋ったかもしれない。そんな奴とも乱闘した。

 ルールは決まって終点、2ストック、アイテム無し乱闘。朝に来た少しの時間、昼休みのほとんど、帰りの電車が来るまで、乱闘をした。

 勝つより面白いことが何よりすきだった。ガノンの炎獄握はうまく転がれば気持ちよくなれた。プリンは一撃ですべてをひっくり返すのが気持ち良い。医者は上必殺に空中前と壊せる要素が楽しかった。

 それでもストック制は強くなければ長く楽しめない。そのためには練習、情報が必要だった。正直、強攻撃はforで初めて意識した。

 

 スマブラをしていると、隣のクラスのスマブラ民も関わりを持つようになった。クソ強いカービィ、確定バーストさせられるゲムヲ。猛者達であった。

 そこでまたある人間に会う。プロゲーマーを本気で考えたほどゲームに真剣な奴がいた(実際は知らない)。そいつが学祭で大会を開くと言うのだ。応援してやらない理由がない。

 学祭で行った対戦会、大会は成功したと言っていいと思う。なにより、ぼくはゲームで楽しめた。スマブラを楽しめた。それが一番心に残っている。

 今でもあいつが続けるスマブラ大会はすきである。何もなかった地元でゲームがすきな人間を集めてみんなで遊ぶのだ。何となく昔に戻った気がする。あの空気がすきである。

 

 そしてぼくは都会に出た。人も物も段違いであった。圧倒されながら、そこでもゲームが楽しめる空間を探した。結果、日本で一番大きな大会、ウメブラに参加するのである。

 そこで人生が変わった。今までに見たことのない数の人間が1つのゲームをしに来ているのである。中にはプロゲーマーと呼ばれる人間まで。ゲームで成り立つ国がそこにはあったのだ。

 そこが本当に楽しくて、他の対戦会にも出かけるようになった。対戦会にもよく見る人が実はすごい人、みたいなことは何度かあって驚いた。秋葉原等の対戦会に参加し、スマブラで人と繋がることができた。これも嬉しいことである。

 

 4年間、このゲームを楽しんだ。十分すぎるほどに。もう何も言うことはない。

 

 明日、そのゲームの新作が出る。これからのぼくのゲーム人生にも大きく関わるだろう。非常に楽しみである。

 

 

45つめのすきなもの『布団』

 もう季節も冬となる12月となってしまった。隙あらばと攻め寄る寒さに対して、貧乏なぼくが対抗できる手段は布団をかぶるしかないのである。

 外に出る気がないのもあるが、最近はもっぱら午前中を布団で過ごす。目が覚めてからの温もりを感じながら、すべきであったことを思い出す。休みの期間はしばらくこの状態である。社会復帰できるのだろうか。

 そんな布団からもいつか出なければならない。未練を残しながら身支度を整える。布団に包まれていた安心感はどこへやら、今日が始まる不安が産まれる。

 

 それでも、まあ、今日一日くらい好きに生きてみてもいいか。

44.5つめのすきなもの『最近読んだ本』

 今のぼくは諸事情により時間がかなりある。洗濯、炊事、風呂等以外はすべて自由な時間なのだ。その時間で何をしているか、となると出不精なぼくはゲームか読書か考え事である。

 今回は、そんなぼくが最近読んですきになった本たちを紹介したい。とは言っても本の傾向としてはほぼ同じである。

 

ゲームセンタークロニクル (~僕は人生の大半をゲームセンターですごした~)

ゲームセンタークロニクル (~僕は人生の大半をゲームセンターですごした~)

 

 ハイスコアガールがラブコメとしてもゲームの歴史本としても面白かったため、ついタイトルで買ってしまった。

 ゲームセンターの前身とも言えるインベーダーハウスに始まり、シューティング、格ゲーの栄枯盛衰を経て現代に至るまでのゲームセンターを語った一冊。作者があのゲーメストの編集長ということもあり、当時のリアルな空気感も描かれている。

 2017年までのアーケードゲームがまとめられているため、現代までどのようにゲームセンターが生きてきたのかを知ることができた。

 現代のゲームセンターよりもさらに「遊戯場」としての色が強かった時代。自分もこの時代を生きてみたかったものである。

 

クラシックゲーム a GO GO 熱かった1980年代からゲーム史を読み解く

クラシックゲーム a GO GO 熱かった1980年代からゲーム史を読み解く

 

 ファミコンに始まる(前にもゲームハードはあったが)家庭用ゲーム機の大きな時代をゲームソフトから見ていく一冊。今の若いぼくには「バーチャルコンソールにあるやつ」という認識のゲーム達がレビューとともに紹介されている。

 これらのゲーム紹介と共に、ゲーム時代にソフトから関わった人間へのインタビューも。当時の制作状況の一面を知る事のできる良い一冊であった。

 

日本ゲーム産業史 ゲームソフトの巨人たち

日本ゲーム産業史 ゲームソフトの巨人たち

 

 こちらはゲーム史をゲーム会社を軸に見ていく。出版が日経取材班ということで関係者からは詳細に話を聞いている。カプコンナムコの老舗はもちろん、レベルファイブガンホーといった新しい企業からの情報も。

 どの会社がどのように成長してきたのか、何を作ってきたのか。ゲーム史に少し興味を持った方にはこちらをおすすめしたい。

ゲームの教科書(ちくまプリマー新書)

ゲームの教科書(ちくまプリマー新書)

 

 こちらは先程の三冊とは別に「ゲームができるまで」のお手本を記している。ゲーム作りにはこういう役割があり、どのような工程で完成へ近づけていくのか。漫画の「New Game!」の副読本にちょうど良いかもしれない。

ファミコンに育てられた男

ファミコンに育てられた男

 

 ファミコン芸人として売っているフジタ氏の著。幼少期のフジタ氏がプレイしていたファミコンゲーを思い出と共に紹介。マニアには物足りないかもしれないが、有名どころは抑えてあるため、今の若い世代がハハハと笑いながらゲームを知るには良い本だと思う。

 若干フジタ氏の半生は重いところがあるのは別の話。

科学バカ人生! (ナレッジエンタ読本 4)

科学バカ人生! (ナレッジエンタ読本 4)

 

 ここからはゲームに関係がない。「空想科学読本シリーズ」でおなじみの柳田理科雄氏のエッセイ本。エッセイ、随筆とは自分の意見や考えを自由に書き記したものであるとぼくは思っているのだが、柳田氏はいつでも日常の科学を考えていた。

 ぼくは「空想科学読本シリーズ」の影響で普段なら見逃している割とどうでもいいことについて考えてみることがすきである。数字が苦手な方には敬遠されがちであろうが、「実は世界は科学でこんなに面白くなるぞ」と伝えてくれる一冊。

鏡の国のアイリス -SCP Foundation- 1

鏡の国のアイリス -SCP Foundation- 1

 

 「科学バカ人生!」がScienceEssayであるならば、こちらはScienceFictionである。

 突然SCP財団サイトへ転移してしまった少年が不可思議な体験をしていく。

 登場させるSCiPのチョイスが絶妙で、SCP-914のようなおもしろアイテムからSCP-823のようなホラーまで、SCP財団新規職員にもわかりやすく描写されている。

 なにより、主人公と行動を共にするSCP-105がかわいい。人型SCPで愛らしく描写されることはそうないため、本書のように書かれると財団職員として失われていた感情の何かが湧いてくるものである。

 本文で連呼するSCPとは何か知らずとも、1つのSF怪奇譚として出来上がっているため、おすすめの一冊である。

 

 今読み終えているのはこれくらいである。まだ積んだ本はいくつかあるが、面白かったら紹介したい。

 また、「すきなもの」シリーズはぼくがすきなものを思い出せなくなりつつあるため、更新が止まりがちになっている。ぼくのすきなものが知りたいなどという稀有な人は少ないだろうが、今までよりもさらに投稿頻度が落ちるのを許してほしい。

 

 ではまた。

44つめのすきなもの『すきなものがある人』

 ぼくはあまり多くを語らない。この一文の意味はそのまま、口数が少ないというだけのものである。もっとおしゃべりだった気がするが、今のぼくはそう喋らない。よって、話題を提供するのはもっぱら相手である。もちろん、安定度の距離感があってのものだ。

 ぼくと初対面のあなたがぼくと会話をしようとなにか話題をひねり出そうとするとき、おそらく自分の持つ話題カードから最も無難なものを切るだろう。例えば、ぼくの手札は「本・作家」「一人暮らし生活」「地元」「ラーメン」「ゲーム全般」「スマブラ」くらいだろうか。そして、他人に見せやすいカードは「一人暮らし」か「地元」くらいである。自分を知ってもらうには悪くないし、相手も一人暮らしでおもしろエピソードがあるかもしれないからだ。会話には『話題神経衰弱』とでも言うべきゲームが隠れている。

 

 ぼくはこのゲームが死ぬほど苦手である。先程の続き、本当に切りたいカードと言うなら「スマブラ」か「ゲーム」カードになる。自分のすきなことについてであればいくらでも話したいし話を聞きたいものなのだ。世の中の人間の奥底にはオタク的な何かが眠っている。

 

 先日、とある人が「独り飲み」のカードを切ってきた。その人はおっさんであるが、ぼくのような若者に対してその話をするのはなかなか難しい(ぼくの知る一般的な若者は大衆居酒屋でデカい声で喋りながら酒をグビグビ飲むものだと認識している)。勇気のあるおっさんだとは思ったが、いいカードを切った。ぼくも独り飲みはすきなのだ。

 おっさんは楽しそうに独り酒飲みの極意を語ってくれた。いつも見るおっさんとは違うわくわくした顔で。そんなおっさんの話は面白かった。意外と当てはまる人間か多いのかもしれないが、すきなことの話の一発ネタは抱えているものだ。そういったものはすきである。

 

 ぼくは今年に入ってイベントに行くようになり、ぼくと同じようにゲームがすきな人であったり、同人誌を作るような人を見た。すきなものをすきなように楽しめる集まりに存在する人は、そのものと同等に愛が伝わるような話し方をしてくれる。目を輝かせ、朗々と語る。それは聞いているぼくも楽しくなる。

 

 本当にすきなものを持つ人は少ないように見えるが、実は心の底に何かあるのかもしれない。もう一度、自分のすきなものを考え直してみてはどうだろう。ぼくは、(ぼくが面白いと思うような)すきなものがある人を応援したい。

 

痴漢に遭った話

 今回はネタにするような話ではないが、聞いてほしい話だったため、ここに書く。何があったかと言えばタイトルの通りである。都会に移り住んでから長く経った気がするが、痴漢に遭ったのは初めてである。

 

 今朝はいつもより早く出なければいけないことを忘れて若干遅刻した。いつもと乗る電車が違う上、移動のために降り口も変えたかったため、号車も違うところに乗った。いつもの通り道のくせに円も縁もない箇所があるとは、電車とはかくも不思議なものである。

 

 電車が到着し、視界に入ったのは満員も満員、田舎から出たぼくが初めて見るような分厚い人の壁が立ちはだかるドア前エリア。「いやこれは乗れんやろ」と見逃そうと思ったが周りのおっさん5、6人はグイグイと体を押し込み乗り込んでしまう。我が目を疑う光景だったが、そこになんとか身体を隙間に入れ、乗車には成功した。

 あまりの窮屈さ、足の置き場のなさに一度足の場所を変えようとしたが最後、ぼくは片足立ちのままとなってしまった。もしあのとき急停車があったらすっ転んでいた。

 

 一本遅れだがなんとか間に合いそうだと安心したのも束の間、腰回りに違和感が。なにやらがっしりぼくの腰を掴んでいるのだ。


f:id:ankakeassa:20181108090318j:image

 

 スリかと思い財布と鍵を確認。スマホはポケットだが、鍵と財布は鞄の中にあり、鞄はこうして前に抱えている。ヤツの狙いはスマホであろうか。鞄を少し下へ詰め財布の入ったポケットをガード。ひとまず安心である。

 

 と思いきやヤツは何も入ってない尻ポケット周りを触る。「ガハハ!!!そこにはコンビニのレシートしかない!!!!そっちはスカだ!!!!!」と笑っていたがどうやら様子がおかしい。無限に尻を触るのだ。手のひらで握るように。

 ここでぼくは考えを変える。「たまたま手がそこに行ってしまったんだろう、俺のケツでも味わってくれたまえ」と余裕を持つ。なんとも器のデカい男である。

 たっぷり1駅分ケツを撫でたヤツは人の動きを利用して手を移動させる。これでケツの違和感から逃れられると思ったのも一瞬。次の狙いはちんこであった。あろうことかヤツは俺の竿を牛の乳搾りでもするかのようにつまんできたのである。確信犯なのだ。

 流石にぼくも恐怖した。今までに2回ほど尻を触られる経験はあったがちんこに手を出すやつは初めてである。顔を一瞥したが普通の好みでもないリーマンのおっさんである。それも真顔の。無表情の。

 ぼくは本当にまずい状況になると三人称視点に考え始める癖(?)がある。俺はもうすぐ降りるがこのおっさんはいつまでいるんだ?いつまで俺のちんこは揉まれ続けるんだ?どうしてこいつは真顔でちんこを触り続けられるんだ???頭の中でぐるぐると周り、再度状況の異常さに恐怖した。

 愚息は精神と反対に膨らみ始める。これではヤツを喜ばせるだけである。助けてくれ。思いついたのは横にいる車掌室の車掌さんに口パクでHELPを出すことであった。「た、す、け、て」と窓を叩きつつ口を動かすもなんの反応もなかった。悲しい。絶望するしかなかった。逃げようにも人で動けない。身体の向きも変えられない。このままヤツに好きなように弄ばれるしかないのだ。非常に悔しい。

 

 ただただヤツに俺の魔羅を堪能されながら、愛書「ゴールデンスランバー」の一文が思い浮かんだ。『痴漢は死ね。』『殺人、盗みはどうしてもしなければいけないかもしれないが、仕方なく痴漢する、という場面は無い。だからこそ痴漢は悪である』(こんなニュアンスの文)。ああ、確かにその通りである。自分は男でも女でも性的対象に見れる人間であるが、痴漢という押しつけは好ましくない。ただ快感もなく相手を不快にさせるだけである。痴漢はなんとしても良くないものであると認識できた。

 この話は自分の好意の押し付けにも通ずるのだろうか。なんとも耳が痛い。

 

 ガッツリちんこを扱かれながら降車駅に。恐怖と遅刻への焦りでそそくさとその場を後にした。今思えば腹パンして駅員に突き出すべきであった。

 次の被害者は顔面にパンチを入れてから警察に突き出してやってほしい。これ以上悲しい被害者を増やしてはならない。

 

43つめのすきなもの『きゅうり』

 ぼくには食べ物の好き嫌いがそう無い。多くの野菜、料理はおいしく食べることができる。強いて言うなら「酢の物」であろうか。何とも表現しがたいあの感じが自分の舌にはよろしくない。すきな食べ物は何度か書いている。

3つめのすき『天下一品のこってり』 - あんかけが書く

5つめのすき『ヤングドーナツ』 - あんかけが書く

 

 今回もそのシリーズの1つである。今までのぼくのすきな食べ物は料理とかお菓子であったが、今回は既製品というより素材に分類されるものである。食べ物としての大枠に沿ってはいるが、何かが違うといった感覚である。

 

 昔からきゅうりは生で食べることが多かった。母から調理の余りを手渡され、河童の如くポリポリとかじっていたのである。今思えば侘しいおやつであったが、当時のぼくは喜んで食べていたものである。きゅうりならではの持ちやすさと、程よい歯ごたえが心地よかった。母としても、余りの部分は放置しづらく、冷蔵庫で眠らせるのも勿体なかったのだろう。なんとも都合の良い息子である。

 ある日を境に、きゅうりそのままを手渡すだけでなく、縦に切り少々の塩を挟んでくれるようになった。古くから浅漬け等によく使われるだけあって、塩ときゅうりは程よく合うのだ。きゅうりそのものにこれといった味は無いが、不思議と塩っ気はきゅうりの奥底に眠る「きゅうりっぽさ」を引き立たせるのだ。

 そんなきゅうりはぼくが中学を出てからあまり生で食べることは無くなってしまった。ぼくとしてはウエルカムだったのだが、妹とともに食べる量が増えたせいで余りは少なくなってしまったのだろう。加工前のきゅうりの1/4は意外と多いのだ。いい年になって「生きゅうりをおくれ」とも言えず、遠目に千切りにされるきゅうりを見ていた。

 

 そして自炊をするようになった今、ほぼ毎日、スーパーをうろつくようになった。そしてたまに、鎮座するきゅうり君と目が合うのである。そういう時は運命だと思い、買ってしまう。昔は余りをちょっぴりもらっていたが、食べたいものはたくさん食べたほうが幸せである。こういう時、なぜか「大人になってしまったなあ」と思うのだ。


f:id:ankakeassa:20181031223146j:image

 

 昔はこんなに塩を挟んでなかった。流石にしょっぱい。それでも、きゅうりはおいしいのである。